SBIソーシャルレンディングの投資・比較: SBIソーシャルレンディングが新商品のSBISLテレマティクスローンファンド1号を募集しています。(募集金額2620万円、利回り6.0%)2017年1月

2017-01-21

SBIソーシャルレンディングが新商品のSBISLテレマティクスローンファンド1号を募集しています。(募集金額2620万円、利回り6.0%)2017年1月

<< SBIソーシャルレンディングの口座開設はこちら
     高利回りのSBIソーシャルレンディングのファンド >>



SBIソーシャルレンディングが新しいソーシャルレンディングファンド「SBISLテレマティクスローンファンド1号」を2017年1月24日(火)9時00分から募集します。

これまでにないファンドとなっています。
不動産会社向けとか不動産担保ローン事業者向けではなく、担保も不動産ではありません。

ファンド名のテレマティクスはTelecommunicationテレコミュニケーション(通信)とInformaticsインフォマティクス(情報工学)を組み合わせた造語で、フィリピンの「トライシクル」と呼ばれる三輪タクシーに自動車の車載情報システムを設置し、そのトライシクルを割賦で購入するフィリピンの個人事業者が最終的な資金の需要者のようです。

フィリピンの三輪タクシー「トライシクル」に取り付ける車載情報システムは、日本のGlobal Mobility Service株式会社(GMS社 代表取締役 中島徳至)が開発した車載デバイス「MCCS」というものです。

この会社の主要株主にはSBIインベストメント株式会社。

ファンドの借り手はこの会社ではなく、日本にある資金管理事業者となっていて、その資金管理事業者がフィリピンのトライシクルの割賦販売事業を行う法人に貸付けその経営管理も行うというスキームになっています。

<SBISLテレマティクスローンファンド1号>

・募集金額・・・2620万円
・実質利回り(予定)・・・年6.0%
・運用期間・・・約36ヶ月
・募集期間・・・2017年1月24日(火)午前9時 ~ 2017年1月30日(月)午後3時
・募集単位・・・最低5万円以上5万円単位)

・担保・・・・本件資金管理事業者及び、関係会社の出資持分への質権設定、本件資金管理事業者が本件割賦販売事業者に対して保有する貸付債権(事業者借入資金に係るもの)への質権設定
・担保評価・・・2500万円(割賦販売事業者に対する貸付債権)
・保証・・・・借手相互の連帯保証(SBISLテレマティクスローンファンド1号の債務)、本件資金管理事業者の親会社による連帯保証