SBIソーシャルレンディングの投資・比較: SBISLコーポラティブハウスローンファンド18号(SBIソーシャルレンディング)

2016-09-29

SBISLコーポラティブハウスローンファンド18号(SBIソーシャルレンディング)

SBIソーシャルレンディングからSBISLコーポラティブハウスローンファンド18号が発売されます。

このシリーズの通り、コーポラティブハウスを建てるための必要資金に使われます。
今回は第一順位ではなく第二順位の抵当権担保付です。
おそらく土地の取得は終わっていてこれからの建築資金の一部なのではないかと思われます。
第一順位はどこかわかりません。
第一順位がいくらの金額かもわかりません。

今回もアーキネット株式会社のプロデュースによるものです。
アーキネットは、コーポラティブハウスのプロデュース事業およびインターネット上での園芸用品の通信販売事業を手がけている会社です。
これまでコーポラティブハウスを累計104棟(2016年8月末現在)てがけ、コーポラティブハウスの最大手企業です。

コーポラティブハウスについて知りたい方はアーキネットのHPを見てください。
素敵なコーポラティブハウスの世界が見えてきます。
今回の対象物件もわかるかもしれません。

コーポラティブハウスローンファンドはいつも募集開始から数分で完売します。

今回も早々に完売しそうです。
初めての方、口座の作成は済んでいますか。

<SBISLコーポラティブハウスローンファンド18号>

  ・出資募集金額  9200万円
  ・出資募集期間  2016年9月30日(金)午前9時 ~ 2016年10月7日(金)午後3時
  ・投資運用期間  約8か月 
  ・出資対象  コーポラティブハウスの建設費用その他関連費用
  ・実質利回(予定)  5.0%(年利) 
  ・担保        不動産に2番抵当権
  ・その他       コーポラティブハウスの建設組合を主債務者
              建設組合の組合員である入居予定の全世帯者を連帯債務者
担保物件について
  ・担保となる土地  建設組合の各組合員の所有地 332.03m²(100.44坪)
  ・地価公示価格   近接住所より 608000円/m²(200.9万円)
           (担保換算201,874,240円) 
  ・国税庁路線価   670000円/m²(288.2万円)
           (担保換算 222,460,100円)              
  ・担保評価     SBISLは第一順位の債権者の債権額を考慮した担保余力評価総額を167,000,000円と評価しています。

担保余力評価総額167,000,000円から見た貸付割合は55.08%

今回は第二順位ですが、まだ余力はありそうです。

まだ口座の開設をされていない方はこちらからどうぞ。

<< SBIソーシャルレンディングの口座開設はこちら
     高利回りのSBIソーシャルレンディングのファンド >>