SBIソーシャルレンディングの投資・比較: SBIソーシャルレンディングのSBISL不動産担保ローン事業者ファンドが年6.5%で5億8400万円募集(H28.9)

2016-09-06

SBIソーシャルレンディングのSBISL不動産担保ローン事業者ファンドが年6.5%で5億8400万円募集(H28.9)

SBIソーシャルレンディング のSBISL不動産担保ローン事業者ファンドが出資募集金額5億8400万円の年6.5%で大型・高利回りの募集をします。

通常タイプのSBISL不動産担保ローン事業者ファンドとは分けて、
SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 1号 となっています。

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドは不動産担保ローン事業者が行っている不動産担保ローンに投資する金融商品です。

不動産担保ローン事業者が第三債務者に貸付(抵当権付き債権)を行い、その貸付(抵当権付き債権)に質権を設定してSBIソーシャルレンディングが貸付を行います。

SBIソーシャルレンディングからみると不動産担保ローン事業者が債務者になります。

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlusも仕組みは同じようですが、あらかじめ募集金額が定まっていて、利回りも年6.5%と高く設定されています。

<SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 1号>

  ・出資募集金額 5.84億円
  ・最低投資額 最低5万円以上5万円単位
  ・出資募集期間  2016年9月7日(水)午前9時 ~ 2016年9月21日(水)午後3時
  ・投資運用期間  約12か月 
  ・出資対象  借手の行う不動産担保ローン事業における事業資金
          先行して借手が自己資金で貸付事業を行った場合の自己資金に対応する資金を含みます。
  ・実質利回(予定)  6.5%(年利) 
  ・担保        借手が第三債務者に対して有する抵当権付きの貸付債権に対して質権を設定

Plus 1号となっていますが、どの程度の頻度で募集されるのか、Plusの方が通常のSBISL不動産担保ローン事業者ファンドよりも金利がいつも高いのか、よくわかりません。

今のところ通常のSBISL不動産担保ローン事業者ファンドは月2回募集で、利回りは2.8% ~ 4.3%です。

<< SBIソーシャルレンディングの口座開設はこちら
     高利回りのSBIソーシャルレンディングのファンド >>