SBIソーシャルレンディングの投資・比較: SBIソーシャルレンディングがSBISL不動産バイヤーズローンファンド9号(2016年6月)

2016-06-07

SBIソーシャルレンディングがSBISL不動産バイヤーズローンファンド9号(2016年6月)

<< SBIソーシャルレンディングの口座開設はこちら
     高利回りのSBIソーシャルレンディングのファンド >>



SBIソーシャルレンディングがSBISL不動産バイヤーズローンファンド9号の募集をします。

募集期間は
2016年6月10日(金)午前9時 ~ 2016年6月29日(水)午後3時

2013年9月に募集した第1号(3.36% 4470万円 12か月)、2013年11月に募集した第2号(4.0% 5450万円 12か月)、2014年5月に募集した第3号(6.0% 2億8400万円 19か月)、2014年7月に募集した第4号(3.50% 2600万円 12か月)、2014年8月に募集した第5号(4.00% 3500万円 12か月)、2015年9月に募集した第6号(4.00% 3200万円 12か月)はすべて完済されています。

現在運用中の不動産バイヤーズローンファンドは、2015年10月に募集した第7号(年4.0% 4000万円 12か月)と2016年3月に募集した第8号(年6.0% 1億5100万円 12か月)。

SBISL不動産バイヤーズローンファンドは、不動産事業者(宅建業者)に対する融資です。
宅建業者が取得する商品物件(おそらく中古マンションや中古戸建、土地など転売不動産)に対する購入資金の融資。

今回の第9号は募集金額が9億4000万円とSBIソーシャルレンディングで最大級の募集金額になっています。

担保不動産の物件評価額は11億8,700万円でファンドの募集金額2億4700万円を上回り、貸出比率(Loan to Value = 「貸出残高」÷「担保評価額」)は、79.19%。
物件評価額はSBIソーシャルレンディングが行った数値です。

<SBISL不動産バイヤーズローンファンド9号>

・出資募集期間
 2016年6月10日(金)午前9時 ~ 2016年6月29日(水)午後3時
・利回り 年6.50%
・募集金額 9億4000万円
・期間  約12か月
・担保  あり(不動産に抵当権を設定)
・担保不動産の価額 11億8,700万円
・貸出比率 79.19%( 「貸出残高」÷「担保評価額」)
・短期返済あり 不動産会社が担保不動産を売却した場合など

80%近い貸出比率は高くもなく、低くもなくでしょうか。
SBIソーシャルレンディングも借り手の複数化はされていると思いますが、借り手が何社いるのか、担保不動産の価額 11億8,700万円は何物件なのか、どのような転売不動産なのか、よくわかりません。
金額が大きいので、賃貸マンションとか賃貸ビルとか1棟でしょうか。
利回り 6.50%は大変魅力的です。

まだ口座の開設をされていない方はこちらからどうぞ。