SBIソーシャルレンディングの投資・比較: SBIソーシャルレンディングがSBISL不動産ディベロッパーズローンファンド1号の募集を開始(2015年1月)

2015-01-02

SBIソーシャルレンディングがSBISL不動産ディベロッパーズローンファンド1号の募集を開始(2015年1月)

SBIソーシャルレンディングが新商品のSBISL不動産ディベロッパーズローンファンド1号を2015年1月13日(火)9時00分から募集します。

名前の通り「不動産ディベロッパーズローン」ということで、借り手の資金使途は不動産建設、不動産販売、およびリノベーション業務のための不動産の取得資金、建設資金およびリノベーション資金です。

不動産事業者向けのローンはこれまで、SBISL不動産バイヤーズローンファンドがありました。
こちらの資金使途は不動産売買業務における転売用不動産の取得資金でした。
SBISL不動産ディベロッパーズローンファンドは、取得資金だけではなく、建設資金およびリノベーション資金が加わっています。

すぐ転売できる不動産の取得ではなく、建設・リノベーションがあるため、期間も19か月と長くなっています。
募集金額も2億9,780万円とSBIソーシャルレンディングがこれまで募集したファンドの中で最大です。

これまでの最大はSBISL不動産バイヤーズローンファンド3号の2億8,400万円(年6.0% 完売)です。

担保は不動産に抵当権の設定。
担保掛目は77.01%で80%を切っています。

<SBISL不動産ディベロッパーズローンファンド1号>

・募集金額・・・2億9,780万円
・募集単位・・・最低5万円以上5万円単位)
・実質利回り・・・年5.0%
・募集期間・・・20015年1月13日(火)9時00分~2015年1月28日(水)15時00分
・担保・・・借手が保有する不動産への第1順位での普通抵当権の設定
・担保評価・・・合計金額386,700,000円
・担保掛目(Loan to Value)・・・77.01%
  Loan to Value = 「貸出残高」÷「担保評価額」
・運用期間・・・約19ヶ月
・保証・・・複数の借手のうち、1社に対する貸付については代表者が連帯保証

まだ口座の開設をされていない方はこちらからどうぞ。

<< SBIソーシャルレンディングの口座開設はこちら
     高利回りのSBIソーシャルレンディングのファンド >>