SBIソーシャルレンディングの投資・比較: AQUSHのホームページのリニューアルと新ファンド「AQUSHグローバルファンド」の発売

2013-07-03

AQUSHのホームページのリニューアルと新ファンド「AQUSHグローバルファンド」の発売

平成25年7月1日からソーシャルレンディングのAQUSHのホームページのリニューアルされるとともに、新しいファンド「AQUSHグローバルファンド」が発売開始されました。

ソーシャルレンディングサービス「AQUSH」を運営するエクスチェンジコーポレーションは、7月1日より、「AQUSH」を通じて、米国大手ソーシャルレンディングサービス「Lending Club」へ投資する「AQUSH グローバルファンド」の募集を開始しました。

新ファンド「AQUSHグローバルファンド」は、斬新な点がいくつもあるようです。

・日本のソーシャルレンディングのアクシュから
 アメリカのソーシャルレンディング大手のLending Clubへの投資が可能に
・日本のソーシャルレンディングと米国のソーシャルレンディングが合体
為替リスクがない
投資家利回りも5.0%と高い

米国大手ソーシャルレンディングサービス会社のLending Clubは、
米国で2007年よりソーシャルレンディングを開始しています。
Lending Clubは、これまで19億5000万ドル以上の個人ローンを行っているそうです。

日本のソーシャルレンディングとは一桁違います。

アクシュと同じように独自のスコアリングシステムにより、
信用力の高い個人にのみ貸し付けを実施。
その貸付承認率は10%程度のようです(申込が10人来ても実際に貸出するのは1人)。

また、最近のニュースとしては2013年5月に、
Google社がLending Club社に1億2500万ドルを出資しています。

Lending Clubは通常、米国に銀行口座を持たないと投資家が出資できません。

それを、「AQUSH グローバルファンド」は日本国内の投資家が出資できるようにしました。
そして、「AQUSH グローバルファンド」で集めた資金から為替リスクを取り除いて、ヘッジエージェントがLending Clubに投資します。

・投資期間 36カ月
・予定投資金利 6.5%
(AQUSHの手数料1.5%控除後5.0%)


今一つ詳細がわかりません。
実際投資してからレポートしたいと思います。