SBIソーシャルレンディングの投資・比較: アクシュAQUSHの不動産担保ローンファンドのリニューアル(取扱地域を全国に拡大)

2013-05-03

アクシュAQUSHの不動産担保ローンファンドのリニューアル(取扱地域を全国に拡大)

アクシュAQUSHは、平成24年8月に、
不動産担保ローン専業最大手の上場会社アサックス保証業務提携をし、
AQUSHアサックス保証不動産担保ローンファンド」の募集を開始しました。
同時に不動産担保ローン(アサックス保証)の取り扱いを始めました。

そして、平成25年5月より、保証会社に日本保証を加えました。

商品名は、
AQUSH日本保証・アサックス保証不動産担保ローンファンド」ではなく、
AQUSH保証会社不動産担保ローンファンド」です。

今まで担保取扱地域が
アサックスの不動産担保ローンと同じ一都三県だったのを、
日本保証の不動産担保ローンの取扱地域と同じ全国にしました。

地域限定を全国に広げることでリニューアルしました。

商品内容自体は特に変わりはありません。
担保物件の所在地が全国に広がったことで、ローンの利用者が増えることは間違いありません。
これまでの一都三県をアサックスが保証して、そのほかの地域を日本保証がするのか、その地域の棲み分け方は良くわかりませんが、借りる側にとっては便利になります。

つまり、アクシュにとっては、
不動産担保ローン案件が増える⇒ローン残高が増える⇒収益が増える。

ファンドの投資家も投資する機会=金額が増えることになります。

アクシュの説明を見ると、
「保証会社が複数あることにより、投資家の出資金は月末のローン実行案件に分散して割り当てられます。保証会社のもつ信用リスクも分散され、安全性が高まります。 」ありますので、地域で保証会社を分けているのではないようです。